« 旅のはじまり | トップページ | 春節 »

2012年1月17日 (火)

「食」

台湾といえば。。。

私は「」「」「」の3つの文字が浮かびます。

まずはなんと言っても「」であります。食べたいがために台湾に行った(≧∇≦)なんてどんだけ食いしん坊なんだか(笑)とにかく何を食べても美味しかった。それはそれは素晴らしい食文化でしたよヽ(´▽`)/。

必ず食べようと思ったのは小籠包と牛肉麺の2つ。台北に訪れたら必ずと言っていいほど皆食べるであろうもっともポピュラーなもの。

小籠包といえば鼎泰豊(ディンタイホン)である。世界に「小籠包」の名を広めた有名店で、日本にも支店があります。台北本店は行列必須なので、開店10時ごろに行けば「並ばずにゆっくりと頂ける」という情報のもと、さっそく向かいました。本店へは最寄駅の中正記念堂駅からタクシーがおすすめ。10時半前に到着しましたが確かに空いてる~↓入り口にはこんなコが出迎えてくれます。

030_convert_20120116004111_2 024_convert_20120116000724_3

さっそく席に着くとメニューと注文伝票が運ばれてきて、数を入れるだけでOK。台北のほとんどのお店がこのスタイルなので、言葉がわからなくても大丈夫です。

タレは針生姜の入った小皿に醤油1:3酢で自分で作ります。お店のスタッフは日本語が話せて、小籠包と牛肉スープを注文したら「量だいじょぶ?」って言われちゃいました(笑)

025_convert_20120116001005 026_convert_20120116001144

まずはセイロに入ったあつあつの小籠包が運ばれてきた( ̄▽ ̄)きたきた!ホワ~っと湯気の中にかわいく並んでいます。

10個入り 190元

208_convert_20120116001909

さっそく1つ、そ~っと小皿のタレにつけてレンゲにのせる。針生姜をも忘れずにね。そして皮の横を一口食べると肉汁がジュワ~と出てきて慌ててスープをススった。軽~く目を閉じて(笑)ウマっ

薄皮の中の餡とあつあつのスープが絶妙なバランスで、もう間髪入れずぺろりなのでした(笑)女性でも10個全然イケます。日本の中華料理店で食べるそれとは大違いだった。滞在中、2回も食べに行ってしまったほど。台北に行ったら必ず食べてみてね。

そしてもう1品、牛肉入りスープ。190元

027_convert_20120116001405

こちらも美味しかった。柔らかく煮込んだでっかい牛肉が入っていました。これは牛肉麺ではないですよ。スープです。どれも一品の量が多いから麺は無理かなと思いスープにしたけど、本当は麺とかチャーハンとかギョウザとかいろいろ食べてみたかったのよね。何人かで行ってシェアがいいですね。

人気のお店だけあって、支店が忠孝敦化駅(2回目ディン)と忠孝復興駅の台北そごうの地下にもありました。こちらではガラス越しに作っているところが見られるのです。ひだは18枚、皮は5g、餡は16gと決まっていて、手際よくぽいぽい小籠包が出来上っていく。しばらくじーっと見入ってしまった。本店は混んでいるので、支店でも味は同じだし駅から近いのでよいかもです。

248_convert_20120116002157_2

あ~幸せ幸せ 食の台北~ まだまだ続く…(*^m^)

|

« 旅のはじまり | トップページ | 春節 »

旅・台湾」カテゴリの記事

コメント

美味しそう小籠包大好き
入り口の看板娘?かわいいね昔 横浜の中華街で餃子のぬいぐるみが可愛いのがあったのを思いだしました。いまもあるのかな???

台北は「食」よね。でも 日本語通じて良かったね。じゃないと牛肉麺頼んでたでしょ?

いいよな~ 食べたいな~

投稿: miho | 2012年1月18日 (水) 00時27分

よだれ、じゅる~
見るだけで、モチモチな感じがよく判りますぅ
お店もきれいですね。
作っているところを見るのって楽しいそう。
すっごい早業なんでしょう?
私も挑戦してみたい・・・
そうそう、一人だと食べられる種類がきまってしまうのが
もったいないですよね。
何人かだとシェアできるけど
続き、楽しみにしております

投稿: yuki | 2012年1月18日 (水) 16時43分

mihoさん(≧∇≦)美味しかったよ~
もう肉汁がたまら~ん美味しさでした

中華街にありそうだねぇ 餃子ちゃんとかね(笑)

yukiさん ひとりだと種類がたくさん
食べられなくて残念でした(ρ_;

ん?いや意外と食べたかも…(笑)

投稿: Nori | 2012年1月21日 (土) 22時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「食」:

« 旅のはじまり | トップページ | 春節 »